hiphop情報MUZIK

ニュースクールhiphop

ニュー・スクールは80年代後期〜90年代初期の事を言います。

日本ではオールドスクールとニュースクールの間の年代を、ミドル・スクール(80年代中期)として区別しますがアメリカではミドルスクールという年代の言い方はしない。

新しいヒップホップ

80年代の後期から出てきたヒップホップの新しい形で、ニュー・スクールは現代までをいいますが、実際はヒップホップが全世界的に文化的に、そして音楽的にも広まっていく直前の、90年代までを指してニュースクールという場合が多いです。

オールドスクール時代の荒々しいメッセージとは違いクールでオシャレでファッショナブルな一面もあり現代アートにも通じる何でもかっこよくすればOK的な斬新で新しいスタイル、そしてアフリカ回帰思想というようなポリシーを持っていた事がこの時代の一番の特徴でもあります。ウータンの猛者達やモブディープの兄貴達がいます。

ファッション

ファッションは、シルバー(銀製品だけではなく、プラチナやホワイトゴールド等のシルバーカラーの)アクセサリー、そして近年だと「俺はHIPHOPで成功したぜ」と一目でわかるようなブリンブリンなダイヤモンドをあしらったバックルや時計等の装飾具を好んで身につけたりもします。

オーバーサイズの服やバギーパンツを選んで、腰履きでクールに着こなすアーティストが多いのも特徴です。大きい服を着るようになったのには2つの説があって、

1つは走ることや喧嘩が困難になるように、刑務所の囚人服は必要以上に大きめのサイズを用意していて、それでパンツが腰からずり落ちてバギーパンツになった。出所した後でもムショ帰りと言うことをわからすためにオーバーサイズの服を着るようになったという説と、

もう一つがゲットー暮らしで貧困のために何着も服を買ってやれない親が、成長してもずっと着られるオーバーサイズの服を買ってあげたからという説があります。

ティンバーのブーツ

もう一つのアイテムがティンバーランドのブーツです。ヘビーで格好いいブーツを一年中履きこなすスタイルは、クラック・ディーラーの街頭で時間をつぶすことが多いライフスタイルから始まり、それがヒップホップにも積極的に取り入れられていきます。そしてティンバーランドのブーツに注目が集って、ミュージックビデオやライブでのステージ、そしてヒップホップとは切っても切れない深いつながりのストリートでも人気が爆発します。

トミーヒルフィガーは積極的に自らヒップホップに歩み寄っていったことで1990年代のヒップホップを代表するブランドになったのです。広告宣伝のキャンペーンに黒人モデルやヒップホップアーティストを使いヒップホップ界のありとあらゆる人々に着せるまでの大ブレイクを果たしました。

そんなヒップホップファッションが盛り上がる中、クロスカラーズやカールカナイと言ったアフリカ系アメリカ人の黒人デザインナーの成功も見られました。

この時代のヒップホップのファッションはとにかく格好いいです。僕はティンバーのブーツかエアフォース1かアディダスのスーパースターかぐらい格好いいと思います。そしてブリンブリンのアクセサリーを着けていなくても、オーバーサイズでもタイトな着こなしでも、自分のオリジナルで服をきこなすのがヒップホップぽくて、クールでさいこうです。

注目サイト

Google

https://www.google.co.jp/

池尻 ネイル

http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000275145/

信州伊那自動車教習所

http://www.driving-school-no1.jp/

Last update:2014/12/1